ISO認証一覧

ISO9001

品質方針

わたくしたちは品質第一に仕事を見直し お客さまに満足いただけるよう取り組みます。

組織名

 株式会社日産クリエイティブサービス 環境・エンジニアリング事業部

登録番号

 JQ0460

適用規格

 ISO9001:2015

登録年月日

 2001.2.15

製品・活動・サービス

 計測器の校正業務

登録に含まれる事業所の名称及び所在地

計測技術部 NTC地区

神奈川県厚木市岡津古久560-2 日産テクニカルセンター内

計測技術部 栃木地区

栃木県河内郡上三川町上蒲生2500 日産自動車株式会社栃木工場内

計測技術部 横浜地区

神奈川県横浜市神奈川区宝町2 日産自動車株式会社横浜工場内

計測技術部 追浜地区

神奈川県横須賀市夏島町1番地 追浜工場内

計測技術部 九州地区

福岡県京都郡苅田町新浜町1丁目3番地 日産自動車九州株式会社内

計測技術部 いわき地区

福島県いわき市泉町下川字大剣386 日産自動車株式会社いわき工場内

ISO14001

環境方針

当事業部は産廃処理、環境整備、設備エンジニアリングに関する企画、営業及び営業支援を主業務とし「お客さまの満足」を第一義としてお客さまを創造するとともに、地球環境を守るという視点から、環境問題の対応や環境保全の向上について下記の行動を宣言します。

  1. 【育てる】

    全従業員及び協力会社の環境意識向上のため、教育・啓蒙活動に努め、地球環境の保全に貢献できる人財を育成します。

  2. 【考える・大切にする】

    廃棄物をやさしく地球にもどす技術を追求し、広く社会に対する資源循環に貢献するため、使用済み自動車からの材料リサイクルや、廃棄物のリサイクルを推進します。消費されるエネルギーについては、有限である事を認識し、省エネルギーを推進します。

  3. 【行動する】

    環境負荷低減技術情報及び法律・条例等の情報を顧客へ提供し、交流を深め、環境保全活動を推進します。

  4. 【守る】

    国や地方自治体などの環境法令や条例、その他の要求事項を遵守することはもとより自主的に環境負荷の低減や汚染の予防に努めます。

  5. 【改善する】

    本方針達成の為、目的・目標を立て、計画的に活動すると共に、活動内容を自主的に見直し、環境マネジメントシステムの継続的な改善を進めます。

当事業部の環境活動において、下記の重点項目を推進します。

  • 人財育成を強化します。
  • CO2の削減に努めます。
  • コンプライアンス遵守を徹底します。
登録組織

環境・エンジニアリング事業部(計測技術部・指定管理推進部を除く)本社

(所在地:神奈川県横浜市戸塚区上矢部町2384番地)

登録範囲

下記の管理・企画提案及び運用支援に係わる事業活動

  1. 生産設備清掃及び廃棄物処理
  2. 自動車リサイクル関連業務(使用済み自動車からの材料リサイクル等)
  3. 設備保全・持出し部品修理・工程作業
  4. 作業環境測定

※ISO14001について、各支店も日産自動車㈱各工場サイト内にて、同様の活動を実施しています。

ISO/IEC17025

環境エンジニアリング事業部 計測技術部 計測技術グループ(厚木地区)は、認定基準としてISO/IEC 17025を用い、認定スキームをISO/IEC 17011に従って運営されている認定機関に認定されています。

公平性に関するコミットメント

当グループは、校正業務の実施にあたりいかなる利害関係に対しても公平性に対するリスクを排除又は最小化し、公平で誠実な事業を展開いたします。

2019年10月30日 ラボラトリマネジメント 針尾英彦

JCSS認定

JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋認定協力機構(APAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。
当グループは、国際MRA対応JCSS認定事業者です。

登録番号

JCSS0192

登録内容
登録(認定)に係る区分種類
長さブロックゲージ (比較測定法による) /ダイヤルゲージ/マイクロメータ/ノギス
電気(直流・低周波)電流電圧発生装置/電流電圧測定装置
振動加速度振動加速度計 (電荷感度/電圧感度/電圧比感度)

PJLA認定

PJLA(ペリージョンソン ラボラトリー アクレディテーション インク)は、アジア太平洋認定協力機構(APAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。

認定番号

106649

認定内容
校正分野 校正を受ける計測器
質量的校正 ロードセル